HOME »重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言下で特に
高尿酸血症・痛風患者の皆様に知っておいていただきたいこと

今般の新型コロナウイルス感染症の蔓延にともない、皆様におかれましては健康不安が募る毎日かと存じます。
一般的な手指消毒や外出の際の注意点は厚生労働省をはじめ各学会からも提言がなされております。
特に高尿酸血症・痛風患者の皆様にとって重要なことは生活習慣の改善と薬物治療の継続の2点です。
以下に具体的にまとめましたので参考にしてください。
日本痛風・尿酸核酸学会は一日も早い新型コロナウイルス感染症の収束を願っております。
ご質問などは遠慮なく事務局までお問い合わせください(メールのみ対応可能です; info@tukaku.jp)

1.在宅勤務やステイホームが推奨されておりますが、食生活の乱れ、運動不足などの生活習慣が乱れないように気を付けましょう。

適正な生活習慣を維持していただくことは高尿酸血症・痛風治療の基本です。

  • 緊急事態宣言下ではストレスが溜まりやすく、飲酒量が増えることが懸念されます。アルコール飲料は尿酸値を高めますので、適切な飲酒量を守ってください。1日のめやすは日本酒1合,ビール350 mL~500 mL,ウイスキー60 mLとされています。
  • 体重の増加は尿酸値を上昇させますので、食べ過ぎないようにしましょう。また高プリン体食(レバー、白子、エビ、イワシ、カツオ、うまみなど)に偏らないように食材のバランスを考えましょう。
  • 適度な運動は尿酸値を下げます。ストレス解消のためにも息が上がらない程度のジョギングやサイクリングなどの有酸素運動が推奨されます。ただ、この場合も前の方の真後ろは避け、距離も広めにとってください(ジョギングで5メートル以上)。
  • 水分(水、緑茶、麦茶、ウーロン茶など)を多くとってください。尿酸の尿への排泄を促します。果糖(フルクトース)を含む飲料は尿酸値を上げますので避けてください。

2.お薬は継続してください。

  • 尿酸値を安定させることはいつの場合でも大切です。薬は処方された通りに服用してください。尿酸降下薬を中止すると2週間で尿酸値が元の値に戻ってしまいます。痛風発作の再発や腎臓や心臓血管に悪影響を及ぼすことが懸念されます。病院やクリニックに受診することが難しい場合は、電話診察や遠隔診療を活用ください。
  • 抗ウイルス薬のアビガンは尿酸値を上げることが報告されています。薬の飲み合わせの影響が出る薬(抗ウイルス薬のカレトラとコルヒチン)もあります。痛風・高尿酸血症で治療中であることを医療従事者に伝えることは重要です。
PageTop