HOME » 若手研究者支援事業 » 日本痛風・尿酸核酸学会 若手研究助成 募集要項

日本痛風・尿酸核酸学会 若手研究助成 募集要項

研究助成の名称

日本痛風・尿酸核酸学会 若手研究助成金(Grants-in-Aid for Young Scientists of Japanese Society of Gout and Uric & Nucleic Acids)

助成の目的

本学会に所属する若手研究者による 痛風、尿酸及び核酸代謝に関する優れた研究を促進することを目的とする。

助成対象となる研究

  1. 『痛風、尿酸及び核酸代謝に関連した研究』で、申請時に満50歳未満である研究代表者が行う研究。個人、グループは問わない。
  2. 応募時点で、同じテーマについて痛風・尿酸財団等から研究助成を受けていないものを対象とする。科研費等の競争的研究資金を獲得している場合は明記すること。
  3. 前年度に助成を受けた研究の継続研究も可能であるが、前年度の成果が明記され、当該年度の研究との違いが詳しく説明されていること。

助成金額

メディカル・ノンメディカル対象  計1~2件 (金額:1件30万円前後)
※ メディカル(医師、歯科医師、研究者)
※ ノンメディカル(病院等の医療機関に勤務する管理栄養士、薬剤師、理学療法士など) 
※ 該当者がいない場合、助成件数はこの限りではない。

使途

下記の研究に直接必要な経費とする。

  • 設備備品費
  • 消耗品費
  • 旅費
  • 謝金(アルバイトやフィールド調査等の労役対価)
  • その他(印刷費、通信費、会議費、図書費、施設使用料、学会費、参加費等)

締切

3月末日

申込方法

申請書(書式なし)に下記を記載の上、メールまたは郵送にて事務局宛に提出

  1. 氏名、所属、略歴、所属学会(本学会の会員歴を記載のこと)
  2. 研究業績(主要論文5編)
  3. 研究計画(1研究の背景、2研究の目的、3研究の対象と方法、4期待される成果を明確にし、800 字以内で記載)

申請書フォーム:(WORDPDF

審査・選考

(1)選考委員
選考委員は、当学会理事長が専門分野を考慮して委嘱する。選考委員は、若手研究者賞選考委員を兼ね、2年を任期とする。選考委員会は理事長が主催する。
(2)審査・選考
選考委員は、応募者から提出された研究計画、研究業績、その他を審査し、1~2件を選考する。決定は夏〜秋期に開催するWeb講演会の前に助成対象者に通知し、Web講演会において公表する。

成果報告

若手研究助成対象者は翌年度の学会総会において研究成果を発表するとともに、学会事務局に以下の書類を提出する。

  1. 研究成果報告書
  2. 助成金の使途
  3. 研究業績(論文および学会発表)

助成対象者一覧

年度対象者
第1回2022年度藏城 雅文(大阪公立大学大学院医学研究科)
第1回2022年度川上 由香(静岡県立大学食品栄養科学部)
PageTop